CTでの血腫・血栓の見つけ方

CTでの血腫・血栓も見つけ方 大腸憩室出血の際の腸管内、胃潰瘍出血の際の胃内容物、SMA解離の血栓など、 腹痛などの鑑別の際に、血栓・血腫がないか探しますよね。 そういったときの見つけ方を紹介します。 急性期の血腫・血栓は50~70HU程度で、軟部濃度よ…

虫垂炎の画像診断

まず上行結腸を探し、次に回盲弁、そして虫垂の位置を確認 ◎CT所見 6mm以上の虫垂の腫大 周囲脂肪織の毛羽立ち(dirty fat sign) 2mm以上の虫垂壁肥厚 造影CTで虫垂壁の造影増強効果 ◎副所見 虫垂結石、腸間膜リンパ節腫大、傍結腸溝の液体貯留など ※ただし…

憩室炎の画像診断

憩室炎 ►憩室自体の炎症を示唆する所見 ・炎症を生じている憩室そのものの壁肥厚、造影効果の増強。 ※憩室炎を起こしている憩室は同定できないこともしばしばある。 ►周囲炎症波及を示唆する所見 ①横方向 ・周囲脂肪織濃度上昇(dirty fat sign)。 ・結腸の粘…

腹部CT読影順番と見るポイント

読影順番 ・肝→胆→膵→脾→副腎→腎→尿管 ・膀胱、前立腺あるいは子宮、腟、付属器 ・大動脈・リンパ節:下大静脈、大動脈周囲→腸骨動脈周囲 ・消化管: ・食道→胃→十二指腸 ・直腸→S状結腸→下行結腸→横行結腸→上行結腸→回腸末端・盲腸→虫垂 ・脊柱管、筋肉など…

不眠をみたら原因の5Pと不眠の種類4タイプを考える

不眠をみたら原因の5Pと不眠の種類4タイプを考える ◎原因の5P ①Physical(身体的):発熱、疼痛、そう痒感、頻尿、心疾患、呼吸器疾患、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群 ②Physiologic(生理学的):時差ボケ、環境の変化、交替性勤務、騒音、光、不…

とりあえずはバンコマイシン!抗MRSA薬で使うもの

◎抗MRSA薬 ・バンコマイシン 欠点も多いが、対応策もわかっている ・ダプトマイシン バンコマイシンのあとに考える 肺炎以外でバンコマイシンが使えないとき ・リネゾリド MRSA肺炎でバンコマイシンが使えないとき

マクロライド系でよく使うもの

◎マクロライド系 ・エリスロマイシン(エリスロシン®) 抗菌薬としてはほとんど使わない ただし、眼軟膏、点眼薬など局所製剤は今も使う ・クラリスロマイシン(クラリス®) 日本で経口第三世代セフェム、キノロンとともに過大評価されている抗菌薬 ピロリ菌…

キノロン系でよく使うもの

◎キノロン系 ・レボフロキサシン(クラビット®) レスピラトリーキノロンとしてレジオネラなどの重症肺炎に、結核のセカンドラインに、他に耐性グラム陰性菌感染など使用価値は高い 尿路感染症では「使うべきではない」抗菌薬に格下げされつつある ・シプロ…

使える!ST合剤

◎ST合剤(バクタ®) サルファ成分とトリメトプリムの合剤、シナジー効果が生まれる バイオアベイラビリティもよく、体内のあらゆる組織にくまなく広がる 3錠を1日4回 さまざまな薬と相互作用あり(ワルファリン、メトトレキサート、フェニトイン、ジゴキシン…

カルバペネム系よく使うもの

◎カルバペネム ◯注射薬 ・メロペネム(メロペン®) これ1剤でOK ・アズトレオナム(アザクタム®) なかなか優等生で副作用も少なく嬉しいが、耐性菌が多い