急性冠症候群(ACS)への対応@ER

◎急性冠症候群のERでの対応

 

まず、Primary survey+E3:10分以内に

バイタルサイン:

A:会話可能か

B:RR、呼吸様式

C:BP、HR、E3

D:意識レベル、従命可能かは「グーパー」で

E3:Ear(聴診→Killip分類、機械的合併症・併存疾患の鑑別)、

ECG

Echo(心嚢液、壁運動異常、左室収縮、重症弁膜症、上行大動脈解離、下大静脈径)

 

STE-ACSとしてManagement開始

→アンギオ室、放射線技師、CCU、デバイスの業者さんに連絡

 

末梢ルート、生食20mL/hr、トロポニンI・CKMBを含む血算・生化学・凝固

バイアスピリン®162mgとエフィエント®(プラスグレル)20mg(脳卒中の既往を確認して、出血の可能性が高い場合にはクロピドグレル(プラビックス®)300mgを選択)、ヘパリン5,000単位準備

 

Secondary survey

ABCD再評価

冠危険因子:DL、HT、DM、smoker、FH

症状の変化

脳卒中の既往(→あればプラビックス®にする)

出血性疾患を疑うエピソード(便の色など)、観血的手術の予定
→あればBMS、なければDESでいく

造影剤使用歴、喘息の既往

 

同意書等を取得し、

カテ室に行く前に
バイアスピリン®162mg(噛み砕く)、エフィエント®20mg投与、ヘパリン5,000単位静注

 

#循環器 #救急
#胸痛
#急性冠症候群