不眠をみたら原因の5Pと不眠の種類4タイプを考える

不眠をみたら原因の5Pと不眠の種類4タイプを考える

◎原因の5P

①Physical(身体的):発熱、疼痛、そう痒感、頻尿、心疾患、呼吸器疾患、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群

②Physiologic(生理学的):時差ボケ、環境の変化、交替性勤務、騒音、光、不快な温度

③Psychological(心理学的):精神的ストレス

④Psychiatric(精神医学的):うつ病、不安障害、アルコール依存症

⑤Pharmacologic(薬理学的):ステロイド、利尿薬、抗パーキンソン病薬、インターフェロン

 

◎不眠の種類4タイプ

①入眠障害=寝付きが悪い

「ベッドに入ってからどれくらいで眠れますか?」

入眠が1〜2時間以上かかる

→疼痛・瘙痒感、むずむず脚症候群、神経症性不眠

②中途覚醒=寝たあとに目が覚める

「夜中に何回くらい目が冷めますか?その後すぐに眠れますか?」

夜間覚醒2回以上

→頻尿、飲酒、睡眠時無呼吸症候群

③早朝覚醒=早く目が覚める

「朝早く目が覚めて困っていませんか?」

予定時刻より2時間以上早く起きてしまう

→うつ病

④熟眠障害=眠りが浅い

「睡眠時間の割にぐっすり寝た感じがしませんか?」

→飲酒、睡眠時無呼吸症候群